米歌手、トミー・ペイジさんNYの自宅で死去、自殺の可能性



1990年に「I'll Be Your Everything」という曲が大ヒットしたトミー・ペイジさんが死亡しました。 46歳でした。

トミー・ペイジさんはビルボード誌の出版会社、Pandoraの副社長を務め、またニューヨークの有名な地元紙のThe Village Voiceのエグゼクティブも務めていました。

ビルボード誌の編集ディレクター、デニスワーナーさんの話では、トミー・ペイジさんは金曜日にニューヨークの自宅アパートで死んでいたのを発見された。 彼は自殺だったかもしれない。と語っている。

ビルボードエンターテイメントグループのジョン・アマート社長は、「私たちは、友人であり、同僚のトミーの喪失を悲しんでいる。 "彼はマグネティック魂で真のエンターテイナーだった。"と語っています。

ニューヨーク大学のスターンスクールオブビジネスを卒業したペイジさんは、Sire Recordsのアーティストとして音楽活動を開始し、1990年4月に「I'll be Your Everything」が大ヒット、ビルボード・ホット100チャートに上りました。

90年代、ジョーダン・ナイトとダニー・ウッド、ページさんは当時のポップスター・グル―プのニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックとツアーを組んだ経験もありました。

ペイジさんは1992年に "フルハウス"のエピソードで自分自身として登場し、出演している。

ペイジさんはパートナーのチャーリーさんと3人の子供たちと暮らしていました。

2017年3月4日 



マンハッタンの中心で英語を学ぼう!語学学校・ブルーデータ

ハーレム、アポロシアター徒歩2分、人気のゲストハウス

日本出発前にルームシェアーの予約が出来る会社「K'z」

ニューヨークの人気老舗のゲストハウスOYADO

ニューヨーク空港⇔マンハッタン・JFK,LGA,EWRの空港から相乗り

キャンセル料無料も多い!格安ニューヨークホテル






Powered by Blogger.